2004年01月23日

結婚について其の3。好きと重さとバランスと

 
結婚について其の1からはじまるSkywardさんのBlogとの結婚についての議論の延長。男は守りに入るのか?

男子よ!なぜこうも「(社会に)縛られ」て「抜け出せない」ことや「守りに入る」ことにこだわる!?
別に結婚したからって守りに入る必要ないし(女子が男子を守ってあげるし)、抜け出さなくちゃならないわけでもない(そもそもそんなに抜け出したいのか!?)と、一女子としては思ってしまうのだけども。

 本気で相手のことを好きであればあるほど、不幸にはしたくない。これが一番大きい。結婚することは、自分が制限されるだけじゃなく、相手をも制限すること。というか、男は女の、女は男の将来を、ある程度預かる行為だと思う。そして何度も書いているけれども、子供ができると後に引き返すことはできない。

 不幸にはしたくない、ということはどういうことか?と考えてみると、おそらくそれは金銭的に最低限不自由はさせたくない、ということのような気がする。結婚という形を取らなければ、自分がひどく失敗したとき、相手は離れていって夫としてふさわしい人を見つけることができる。逆に言えば、自分はひどく失敗するリスクのある冒険にも挑戦できるようになる。自分ひとりに責任を負って自分ひとり食べていければいい、ということと、妻や子供に対して(それはつまり妻の両親や家族に対してもある程度は)責任を持つということは、途方もなく違う。

相方は結婚前にサラリーマン辞めて、今は自分の好きな仕事をやっている。もちろん収入も老後も保障されていないけど、彼は自分のやりたいことを自分で努力して積み上げて掴んできた人だし、好きな仕事をしている姿を見る方が私も楽しいかもな、というわけで「いいんじゃない?」と。男が守りに入らなくても、女が十分見守ってあげるってこともできる。

 これは凄く理想的なひとつの結婚の形だと思う。でもおそらくSkywardさんの彼がサラリーマンをやめたとき(そして結婚を決意したとき)、彼にはなにかしらの自信があったんじゃないか、と思う。それは、相手を金銭的に不幸な状態に陥れないぞ、という漠然としてるかもしれないけれどどこかたしかな自信みたいなもの。

現在の少なくとも私の周りにいるような男のひとは、守りに入るというか責任感じるというか、結婚をそうとらえていると思います。(逆に、責任感があって良いとも言えますね。)
で、ともさんの言う通り、メリットデメリット、なんですよ。そっちしか見ないの。メリットが大きくなると、結婚しようと思う。でもデメリットだと駄目。

 まさにこんな感じなんですよ。メリット(相手とともに社会的責任を引き受けて生きていくぞ、でも相手とともに社会的に認められた関係で死ぬまでいられるんだ)と、デメリット(大きな責任。相手を不幸にできない=自分のしていいことも限られてくる)の、バランス。で、そこにはおそらく「経済的にうまくやっていけるか」という見通しが大きく関係してくる。今順風満帆じゃななくても、今後これならいけるぞ、という手ごたえが。これが自分が「35歳に結婚するだろう」という仮説を出した理由です。自分の場合、手ごたえを感じるのが35くらいだろうなぁ、という漠然とした予感があるから。

イコールです(断言)。結婚こそが幸せではないし全てでもないと思っているけど、少なくとも私にとっては、本気で好き=結婚したいという気持ち、だった。
本当に好きだったら、責任だの義務だの不自由だのっていうことは、何てことないって気になってくると思う。何となくだけど。
でも双方が責任を持つだの何だの言っても、やっぱり一般的に男の方が責任重大(極端な話、女が男を養うより男が女を養う方がずっと数的に多いし)だから、女子みたいに簡単には踏み切れないかもしれないな。

 Skywardさんのこの意見はたしかに納得できるし、きっとそうなんだろうなぁと思う。でも先に述べたような理由で、自分の場合は(男は、と敷衍して言っていいのかどうかわからないけれど)、ちょっと待てよ、と思ってしまう。好き=結婚が主流になったのは最近のことで、結婚は長い間別の意味を担ってきたという面もある。好きな恋人と、実際に結婚した夫は別、という歴史は世界中いろんなところに数知れずある。

結婚観の価値観の変移が最も目立つ時代は1946〜48年だ。この頃は戦争や災害で配偶者を失ったり、戦争末期に結婚できなかった人たちが争って相手を求めたため、爆発的な『結婚ブーム』が出現した。価値体系は「親孝行」「家長権」「姑に仕える妻」という制度から「結婚の幸福」「夫婦の平等」が重視されるようになった。
またその他の変化として女性が、未婚の時が多いとはいえ、職場へ勤める事が普通になり、経済手段を知ると共に異性と公然と交際する道が開けた。これは、男女共学の開始と共に、配偶者選択の大きな転換を告げるきっかけとなった

なんて報告もありますが、結婚とは少なくとも、男と女の関係に、双方の家族、およびその家族が担っている社会的なものが入り込んでくる過程でもあるわけです。そういう場合が多い。だからこそ、純粋に好きという気持ちが、=結婚とはいかない場合もあると思うんです(これはもちろん人によるけれども)。

 でも実際に「一生結婚するつもりはない」と答える人は全体の4%しかいないそうで、かくいう自分も結婚願望があります。つまり、社会的に認められた形で二人死ぬまでいたいって気持ちは多くの人が持っている(昔の駆け落ちの独特の悲劇性とスイートさはおそらくこの気持ちの裏返しなのかな?)

私たちの場合は少なくとも、移ろいやすい恋をブロックするためのシステムとして、つまり「別れないために」、結婚したわけではない。一緒にいないのが不自然だ。この人とならお互いに義務も責任も苦なく果たせる。という確信があったからに他ならない(結局ノロケかよ!)。
2人が一緒にいるために結婚という制度を利用した、という感じ。特に私はずっと親と住んでいたので、籍を作って名実ともに親から独立するというのもあったな。
確かに、無意識のところで結婚しているということが何らかのブロックになるのかも、ということは理解できるけど、それは結果的なものだと思う。

 たしかに、「結婚は移ろいやすい恋をブロックするシステム(Gen)」という考えは、結婚を外側から見た視点(結果的なもの)かもしれない。Skywardさんは全くそんなこと考えなかっただろうし、実際にそんなことを考えて結婚する人は多くないと思う。ただ、少なくとも自分の場合は、「結婚=恋愛よりは二人の関係を大きく長く安定して続かせるシステム」というイメージがあるし、現実的に、結婚それ自体が(気持ちを離れて)ブロックしている夫婦の関係なんて腐るほどあるわけで。「子はかすがい」なんてことわざがあるけれど、誰もがそんな状態に陥る可能性を持っていて、だからこそ結婚は自分にとって重いのかなぁ、と。そして、純粋に好きという気持ちが結婚に直結する場合だけじゃなくて、好きという気持ちに、その時の自分の(経済的な見通しを含めた)状態なんかが加わって、結婚にいたる場合も多々あるんじゃないかと(だからこそ、ともさんの”いいかげんな気持ち”という言葉には反発しました)。それゆえに、結婚は「ふと訪れる」場合なんかも多いわけで。でも、それでも、好きで結婚した二人が、結婚というシステムに助けられながらも、生涯一緒にいられるということは、素敵なことだと思う。


そうそう。Genさんは「いろんなこと・ものを捨てなくちゃならない」と言う。実際お互い捨てたものも諦めたものも多少あるかもしれないけれど、それよりも2人で得るものや築くもののほうが多いってことも十分あり得る、と思う。


 これは100%納得。二人が社会的に認められて自由になるし、子供はなんといっても、死んだ後も二人の形をこの世の中に残すこと。これほど素敵なこともない。

 Skywardさんの実際に結婚しているという現実の前じゃ、自分の発言はあまりにリアリティがないわけで、いろいろと勉強になりました。ほんとに感謝です。
 
posted by Gen at 14:22| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 恋愛系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
コメントでははじめまして。
その1を書かれた時は、次に書く話題も決めていたのに、
私がちゃちゃを入れたばっかりに、話を延長させまくって
しまい、すみません…
私は結婚しているといっても、私の結婚しか知らないわけ
で(他の人の結婚って話では聞いていても、リアルに分か
るわけではないですしね)、結婚のリアルのうちの1つの
サンプル、ぐらいなものです。
その意味でも、今回いろんな人の(Genさん以外は女性で
したが)結婚観が聞けて、面白かったです。
普段あまり考えたりしないようなことを考えて文章にした
ので、私自身がよく分からなかったり、矛盾したことを
言っていたりしたかもしれませんが…
Posted by ソラ at 2004年01月23日 16:10
かなり遅れてしまったので読んでいただけるかわからないですが‥

一人あれこれ面白いことを書いてやろうとすると、現実から離れていってしまうことが良くあります。ソラさん(ずっとSkyward、と間違えていてすみません)のリアルな結婚観と結婚話に、結構はっとした部分がありました。

そしてBlogの醍醐味を味わせてもらいました。感謝です。またソラさんの恋愛/結婚話、楽しみにしてます。
Posted by Gen at 2004年01月28日 15:24
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21621

この記事へのトラックバック

spyware doctor 3.2.2.453 crack
Excerpt: spyware strike <a href="http://spyware.seeqcom.com/free-spyware-removal-download.html">free spyware removal download</a> anti spyware software review <a href="http://spyware.seeqcom.com/microsoft-spyware.html">microsoft spyware</a> scan for..
Weblog: spyware doctor 3.2.2.453 crack
Tracked: 2006-02-17 05:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。